ウォールナット家具

ウォールナット材と北欧家具との相性

家具の材料やインテリア材として古くから使われてきたウォールナット材とは、くるみの木のことです。

比較的軽くて尚且つ硬いので、高級家具の材料や床材として重宝されてきました。

何よりもウォールナットが好まれる理由は、その木目の美しさです。

はっきりとわかりやすくて流れるような縞の木目のウォールナットは、いろいろな形でインテリアに使われてきました。

ウォールナットの木目の美しさを生かしたテーブルやキャビネットなど大型家具の材料として人気です。

 

ウォールナット材そのものの色は灰色がかった茶褐色ですが、インテリアとして使われる時にはさらにオイルステインなどを塗って色を濃くして使われることが多いようです。

木目がはっきりとしているウォールナットなら、濃い色のオイルステインを塗っても木目が目立たなくなることはありません。

むしろ濃い色の中のほうが、ウォールナットの縞の美しさが引き立つのかもしれません。

 

北欧家具でもウォールナットはよく使われる材料のひとつです。

シンプルでモダンなデザインの北欧家具の材料としては、ウォールナットのような存在感のある木材はよく合うような気がします。

形がシンプルだからこそ、ウォールナット材の独特の色や木目の美しさが引き立つのだと思います。

 

またウォールナット材はカラフルな北欧ファブリックとの相性もいいですね。

落ち着いたウォールナットの濃い色と、明るいプリント柄のファブリックを組み合わせた家具も素敵です。

 

[PR]さわだウィメンズクリニック

[PR]電話占い 当たる

[PR]空き家 札幌