ウォールナット家具

ウォールナット材を使用して北欧らしいスタイルに

ウォールナット材を使用して北欧らしいスタイルに

近年、人気の北欧インテリアや北欧家具。北欧といえば、イメージ的に白い壁にナチュラルな木材家具、クッションや小物にアクセントとして明るい青や緑を取り入れるといった感じでしょうか。

しかし、同じ北欧インテリアが好みの人でも、色味の好みは様々で、床材や家具にウォールナットのような濃い目の茶を使用して、適度な重厚感をもたらすものが好みの方と、パイン材のような明るめの色合いの木材を使用して、明るく軽い感じに仕上げるのが好みの方がいらっしゃいます。

ウォールナットとは、クルミから採られる木材で、適度な強度があるので床材や家具材として適しています。ですが、物によっては高級感がありすぎるものもあるので、自分が目指す家のスタイルとよく照らし合わせて検討する必要があるでしょう。壁が白く、窓も比較的大きく取られている部屋では、ウォールナット材がそれほど暗くなく、適度に落ち着いた空間に仕上げることができるのでおすすめです。それと反対に、部屋が狭く、開口部が小さい場合、ウォールナットを多用すると暗く陰気な雰囲気の部屋になる可能性があるので、注意が必要です。

北欧インテリアを目指す方に根強い人気のウォールナット材。ファブリックなども深い色味の緑や青と組み合わせると、より落ち着きのある空間に、逆に明るめの色合いのファブリックを組み合わせると落ち着き過ぎる空間を明るく、そして空間自体も広く感じさせることも可能なので、上手にファブリックとの組み合わせを考えて、より北欧らしさを出せると良いですね。